なかなか大変なお祭りの景品選び

わたしは町内会の「子供会」のような係をしているのですが、年に数回あるレクリエーションやお祭りのようなイベントの際には準備でとても忙しい時期が続きます。とくに、子どもたちに配る景品やくじ引きの商品などを選んだり、買いに行ったりする作業がなかなか大変です。うちの町内会は子供の数が多いので、100人分以上の景品やお菓子などを用意しなければならず、買う量が多いので買いだしの際には大荷物です。しかも、子供達は年齢差が広く、入園前の子から小学校高学年の子までいるので、お菓子や景品選びもなかなか大変です。まんべんなく喜んでもらえるように、インターネットの情報を参考にしたり、お祭りグッズを扱うお店の人に流行りを聞いて検討します。ことしも、イベントの時期が近付いているので徐々に係の集まりが増えてくるでしょう。

お祭りの景品等の考え方

お祭りの景品は本当に楽しくかわいいものが多いです。中には本当にレア商品となるようないいものあり驚きを隠せません。そういう風な商品は何十年も保管してくと驚くほど値が上がり、高く売れる場合がありますので興味深いイメージです。そういう場合に備えて、やはりそれらのケースは重要で、ケースがあるのとないのでは値段に大きな差が出てくる場合がありますので注意が必要です。そういう風なことを知っているのといないのとでは保管の仕方も違ってきますし、ちょっとした博士ならそれらのおもちゃ情報は本当によく知っている方が多いので驚きを隠せません。何十年も前のバービー人形が現在では何十万もしている場合があったりしたのを見たことがありますが、やはり見るたびに驚きを隠せません。そういう風なことをビジネスにしている方も多いですがいつ見ても観察眼に感心してしまいます。

お祭り用の景品は子供の宝物

お祭りと言ったら子供にとっても、大人にとっても楽しいイベントではないでしょうか。そんなイベントでは、たくさんの出店が出ており、おいしい食べ物を食べたり、ゲームなどを楽しんだり、わいわい賑やかに楽しむ事が出来る物がいっぱいです。そんなお祭りでゲームなどをした場合、景品をもらう事があります。ほんのちょっとした物でも、子供にとっては宝物です。お祭りと言う特別な時間の中で得た景品は、本当に些細なものであっても子供達の最高の宝物であり記念品です。まさにお祭りに行った証ではないでしょうか。輪投げをしたり金魚すくいをしたり、スーパーボールすくいをしたり、色々楽しむ事が出来るので、是非楽しんでみましょう。どんな些細な物でもそこに行った記念として大切にしたいものですよね。そんな子供の笑顔が大人にとっては宝物です。